東京都立小平高等学校同窓会

事務局への連絡

おたより


2022年4月1日 8期生のみなさん、小平高校同窓会を吉祥寺「リストランテ・プリミ・バチ」にて開催します。

「会費の値上げ」が避けられそうにありません。新型コロナによる会場施設の収容人数制限に加え、ウクライナ紛争の勃発による物価高騰の影響を受けて、2年前の計画と比べ会費が高くなるためです。申し訳ございません。ご理解のほどお願いいたします。また、実施にあたり、都・国からの指導に基づく感染防止ガイドラインをレストランと協議しています。「会費」と「感染対策」の詳細は5月中旬に発送予定の参加者宛招待状にてお知らせします。

小平高校8期生同窓会「あの日に帰りたい」

日時:2022年6月4日(土)12:30~14:30 (受付開始: 12:00、閉場15:00)

会場:リストランテ プリミ・バチ(JR線・京王井の頭線「吉祥寺駅南口」から徒歩3分 ) 

Tel: 0422-72-8202 

https://www.primibaci.com

会費:約12,000円 (予定)(同窓会当日に現金でお支払いいただきますが、詳細は招待状でご確認ください)

会費について:参加人数によって会費が変動します。60名参加の場合は約@¥12,000。50名参加の場合は@¥2,000増額に、45名参加の場合は@¥4,000増額になってしまいます。コロナ禍でも満足のいく企画ですので、一人でも多くのご参加をお願いします。

◉連絡・お問合せは

小平高校8期生同窓会事務局までメールでお願いします。

mail:ukiyama@icloud.com

○案内状が届いていない方で参加を希望される場合は

住所、氏名(旧姓)、卒業時の組、携帯番号、mail address を事務局宛メールにて、4/10までにお知らせください。

 

2022年4月1日

小平高校8期生同窓会 発起人会一同

添付の8期生同窓会「あの日に帰りたい」ご案内もご確認ください。


8期生同窓会「あの日に帰りたい」ご案内

2022年3月10日 8期生同窓会「あの日に帰りたい」 2022年6月4日(土)、開催します。

2020年12月14日、二度目の延期告知から、1年間以上経ってしまいました。8期生同窓の皆さまいかがお過ごしでしょうか?
コロナ第五波が収束し始めた昨年11月、発起人会は同窓会開催に向け活動を再開し、リモートでの協議を重ねてきました。第六波は高止まりの様相を示しています
が、政府は出口戦略を模索しています。そのなか私たちは発起人でもある医師本田君を中心に3回目接種進捗状況やコロナ対策、社会情勢等を見極めてきました。
そして、発起人会は今年2022年6月4日の開催を決めました。


8期生同窓のみなさん、一人でも多くのご参加を発起人一同心から願っています。


8期生同窓会発起人会(卒業時、女性は旧姓)
A組:川口和恵 B組:安藤仁、国司 真 C組:坂本英男、白石幸子 E組:三宅泰徳、斎藤光義、坪田玲子 F組:浮山治彦、船津 勉、望月泰仁、古戸晶子 G組:厨川實之、本田幹彦


’70~’73当時の学校生活、校舎や通学路などの写真、また欅祭ポスター、同プログラムなどをお持ちの方は発起人会事務局<ukiyama@icloud.com>までご連絡ください。宜しくお願いします。


発起人会報告1

 

8期生同窓会「あの日に帰りたい」開催要項(仮)
日時:2022年6月4日(土)
   昼食含め2時間程度を予定
会費:現在会場店舗と交渉中(出欠ハガキにてお知らせします)
会場:吉祥寺 リストランテ プリミ・バチ Primi Baci
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-21-1 井の頭パークサイドビル2F(吉祥寺駅南口(公園口)徒歩3分)
詳細はHP<primibaci.com>をご覧ください。
プリミ・バチ ダイニングルーム
 
  プリミ・バチ テラス席
4月初旬には事務局から出欠確認の往復ハガキを送付します。
また、小平高校同窓会HP<kodaira-doso.jp>でも同内容を告知する予定です。
◎発起人会事務局
同窓会に関する一切は発起人会事務局<ukiyama@icloud.com>までお問い合わせください。

 


発起人会報告

下記に添付のPDFファイルもご参照ください。


8期生同窓会開催予告

2021年8月31日 小平高校同窓会会報No.40を発行しました。

昨日8/30付けで同窓会会報No.40号を発行しました。

同窓会にご登録頂いている皆さんには、一昨日発送致しましたので、もう既に届いていらっしゃるかと思います。

もし、届かない方がいらっしゃいましたら、住所等が間違って登録されている等で宛先不明で戻っていることが想定されます。

そのような方はお手数ですが、小平高校同窓会ホームページの事務局への連絡を使ってご連絡お願い致します。

尚、その際には必ずご自身の期または卒業年とクラスの記載をお願い致します。

また、添付の同窓会会報の開封パスワードは、同窓会会報第37号1ページ目「小平高校同窓会ホームページを再開!!」コーナー最終行「2018年同窓会総会報告用パスワード」と同じですので、そちらをご参照ください。

 


小平高校同窓会会報_No40号

2021年7月24日 同窓会総会の中止について

 同窓会会長の10期生の佐藤です。

 最初に、熱海で起こった土砂災害にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。

本会の会員にこの災害にあわれた方がいらっしゃらないことを切に願っています。

 さて、新型コロナワクチンの接種も始まり、皆さまのワクチン接種も順調に進むこと、そして、今までのような暮らしが早く戻ってくることを期待しています。

 東京オリンピックも昨日開催されオリンピックモードに突入致しました。

世界からアスリート達が集い、このオリンピックが成功に終わることを期待しています。

 しかしながら、東京では緊急事態宣言が続いており、感染予防を心掛けた生活は今しばらく続くことと思います。

残念ながら、今年も総会は中止と致します。

総会は中止となりますが、同窓会報は発行致します。

昨年同様、8月中にはお届けできるよう役員一同現在編集しておりますので、もう少しお待ちください。

梅雨も明けて、夏本番モードになり、会員の皆様にはご健勝に暮らされることを願っております。

 最期に毎度、同じ言葉になりますが、同窓会活動に今以上のご協力を頂けますよう、お願いいたします。

 

2021年7月4日 11回生D組の皆さんへ「佐野先生がご逝去されました。」

11回生D組の皆さんへ

D組の皆さんご無沙汰しています。
皆さんへ悲しいお知らせです。
佐野先生が、昨年12月19日にお亡くなりになられました。
訃報を受け、ご主人にご連絡を致しましたところ「このような時期ですし、暖かくなりましたら送る会をいたしますので、時期が来ましたらご連絡を致します。」とのお言葉を受け、弔問を控えることに致しました。
5月の末にご連絡を受け6月27日に訪問させて頂くことに致しました。
ただ、緊急事態宣言があけたとしても、先行き不透明なこともあり、皆さんには申し訳ありませんでしたが、少人数で訪問することにし、
先生のご自宅近辺で連絡が取れた「衣袋君」「渋谷さん」「下澤さん」「松本さん」「武本君」「田辺」の6人で訪問させて頂きました。
小一時間ほどご主人とお話をし、ご焼香させて頂きました。
ご主人のお話では、2年前の骨折で足が不自由になるまでは、元気にご活躍されていたとのことでした。
私たちも2006年1月の先生の古希祝のクラス会以来の先生とのご対面でしたが、変わらぬ優しい微笑みの遺影のお姿に昔を懐かしく思い出しました。
ご主人のご承諾を得て、先生のご遺影と古希のお祝いの時のお写真を掲示しましたのでご覧ください。

コロナが収束しましたら、クラス会の開催を計画しています。
時期が来ましたらご連絡致しますので、ご参集お願い致します。
尚、引っ越し等で連絡先が不明の方が多数いらっしゃいます。
自分はそうではないかと思いあたる方は、お手数ですが当ホームページにあります「事務局への連絡」フォームにて田辺までご連絡ください。

コロナ禍とは言え、皆さんへのご連絡が遅くなりましたこと、ご訪問のお声がけを致しませんでしたことを重ねてお詫び致します。
皆様も今後ともご健勝にお過ごしくださいますよう、そしてクラス会で元気にお会いできますことを祈念しております。

武本・田辺

2020年12月14日 第8期生同窓会発起人会より、「2021年、同窓会開催を実現しよう!」

71日、再延期のお知らせ以降、発起人会、並びに事務局の活動状況報告です。78月、コロナ禍第二波の様子を見ながら、同窓Dr.本田氏と年内開催の目処を検討していました。その最中、事務局代表の斎藤裕彦君がもとより患っていた癌の為、930日に逝去されました。発起人会、事務局、あらゆる意味で扇の要だった同氏を失いました。

10月に入り、兼ねてより言われていたように、感染拡大が日毎にその勢力を増していきました。12月に予定していた発起人会も中止せざる得ないのが現状です。

さて、事務局斎藤氏の逝去は図らずも、発起人会の結束をいよいよ強くしたようです。

そこで斎藤君の遺志を成就するためにも、「2021年、同窓会開催を実現しよう!」のスローガンをここに表明します。

年明けにはDr.本田氏とかかる状況を確認をしながら、適時発起人会を開催し、同窓会開催時期などを協議決定する予定です。そして、8期生同窓の皆様にお知らせしたいと思います。

期待のワクチン投与が広く行き渡り、社会環境が整い、一人でも多くの方々が参加できることを願ってやみません。

その日まで、くれぐれも感染を防ぎ、かつ健やかに心待ちにしてください。

 令和2年冬至

 

 8期生同窓会発起人会(卒業時、女性は旧姓)

川口和恵、安藤仁、国司 真、坂本英男、白石幸子、三宅泰徳、斎藤光義、宮本正紀、坪田玲子、浮山治彦、船津 勉、望月泰仁  、古戸晶子、厨川實之、本田幹彦

 

2020年7月1日 8期生同窓会「あの日に帰りたい」は再度延期します。

8期生同窓の皆さんへ

「5月23日同窓会開催延期」決定以降、同窓会事務局では改めて9月開催へ向け、会場プリミバチと「3密回避対策」を協議すると共に、同窓医師の本田君が作成した「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」(添付参照)に沿って検討を重ねてきました。

しかし、現状は先行きが不透明であり、こと都内においては感染リスクが高い状態が続いています。本田君からの助言もあり、残念ではありますが9月開催は中止します。

今後はワクチン開発、治療法確定等々の推移を見定めながら、安心できる状況になったら改めて開催時期を検討します。

同窓の皆さんにはくれぐれも感染にお気をつけください。

再会できる日を楽しみに、開催日のお知らせをお待ちください。

 

2020年7月1日

8期生同窓会発起人一同

同事務局


新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

2020年6月15日 2020年度同窓会総会は中止いたします。

5月下旬に緊急事態宣言が解除され、公共施設の利用が可能となり2月2日以来の役員会を昨夜開催することができ、今後の活動について話し合を行いました。
緊急事態宣言解除後も続いていた東京アラートも解除され、休業ステップも3に移行することとなりましたが、昨日の東京都内の新たな感染者は47人に上り、緊急事態宣言が出ていた5月5日(57人)以来40日ぶりに40人を上回りました。
今後いつ第2波が来るのか判らない状況の中、現時点で日程を決めるのは困難だと判断致しました。
4月27日時点では、一縷の望みをもって延期と致しましたが、やはり治療薬が開発され治療法が確立されなくては安全に総会を開催することは難しいと判断し、残念ながら今年度の総会を中止することに致しました。
また今年度の活動は、皆さんへの昨年の活動及び会計報告の為の会報の発行のみとし、それ以外の活動を休止することとし、それに伴い今年度の会費徴収を行わないことに致しました。
既に今年度分の会費を払込いただきました方につきましては、来年度の会費として充当させていただきますのでご了承ください。
尚、会報のお届けにつきましては、今後の状況にもよりますが出来るだけ早くご送付できるよう役員一同頑張って参りますので、今しばらくのご猶予をお願い致します。

以上、取り急ぎのご報告とさせていただきます。

梅雨入りし、暑い日々が続きますが、まだまだマスクを外せない状況が続きます。
こまめな水分補給を心掛け、熱中症予防にご留意ください。

都立小平高校同窓会役員一同

2020年4月27日 同窓会総会開催の延期について

新型コロナウイルスの感染拡大の中、みなさまには日々大変ご苦労されていらっしゃることと思います。みなさまはじめご家族や大切な方々はご無事でお過ごしでしょうか。

さて、春の暖かさが増してくる頃となりました。同窓会役員会も本来なら5月上旬の会報の発行と6月28日の総会を目指し毎週のように活動をしているはずでしたが、新型コロナウイルスの感染予防のため公共施設の臨時休館等もあり、活動を停止せざるを得ない状況が続いています。3月上旬より何度も休館が延長される中、メール等で連絡を取り合い、総会は7月以降に延期することと致しました。

詳細については、決定次第改めてHPでご案内致します。

先の見えない日々に不安は尽きませんが、1日も早い収束を願っております。みなさまも引き続き十分にお気を付けてお過ごしください。

都立小平高校同窓会役員一同

2020年4月2日 8期生のみなさん “小平高校第8期生同窓会「あの日に帰りたい」は延期します。”

新型コロナウイルス感染を受けて、523日開催予定の同窓会を延期します。延期検討にあたり、G組発起人本田幹彦君から貴重な助言がありました。

「連絡ありがとうございます。私の思いをお伝え致します。

まずは、今の状況では残念ですが523の開催を諦め、早めに延期のお知らせをすべきかと思います。東京は不要不急の外出自粛(埼玉も同様ですが)となっています。この効果は1-2週先に判定されるかと思いますが、クラスター発生は後を絶ちません。また、一定の効果があったとしても、すぐにはイベント等の自粛要請が取り下げられることもありません。私の勤務している病院は、クラスター発生のリスクがより高い場所で、そこに基礎疾患のある患者さんが大勢入院しています。発症すると患者さんは重症化から死に到るだけでなく、院内発症、医療崩壊も招きますので、戦々恐々です。そのような毎日ですので、慎重な意見となります。

いつ開催するかは収束が不透明ですので、延期と同時に日程を決めてお知らせするのは現状困難と思います。長期戦は避けられないと思いますが、いずれ治療薬が開発され治療法が確立されればイベントの自粛要請(現状では緊急事態宣言が出てもおかしくないですが)は解かれるかと思います。年内に開催できれば良いですが、今後も正確な状況把握を行い、みんなが不安なく再会でき、あの日に帰れる最良の日を選択しましょう。本田幹彦」

 

8期同窓生のみなさん

ほぼ一年間、再会に向け準備をしてきました。60名弱の出席同窓と金田、佐藤両恩師との再会を楽しみにしてきました。ただただ、無念の思いです。そして残念ですが、今いつと決めることができません。本田君の言葉通り、いずれ治療薬が開発され治療法が確立され・・・を待ちましょう。必ず、その日はくるはずです。

 

2020.4.1.

同窓会事務局

発起人会一同